柳家さん喬

梅雨祓落語競演 さん喬 喬太郎 親子会 夜の部

梅雨祓落語競演 さん喬 喬太郎 親子会 夜の部
2010年6月5日(土)会場:前進座劇場
たまに飲み会なんかで
「(ぼくのことを指して)この人落語好きなんですよー」
「そうなんだ、こんど連れて行って?」「まぁ良いよ」
みたいなことがあるわけです。
で、行くならどんな会だろう、とか迷うんですけど、
いろんな都合でこの会にしてみました。
開口一番:柳家小んぶ「子ほめ」
さん喬一門が久しぶりだから、しばらくぶりの小んぶさん。
柳家小太郎「欠伸指南」
二つ目の余裕をかもしだそうかという小太郎さんでした。
柳家喬太郎「稲葉さんの大冒険」
師匠・さん喬さんによる新作、延長バージョンでした。
なぜかというと、この後の出番のさん喬さんが
昼の部と夜の部の間に鈴本の高座に出ているのだとか、、、
吉祥寺と上野ですよ、信じられない、、、
公園で穴を掘る動作で汗だくになってた喬太郎さん。
いかにも熱演という感じだけど、
感情が入りきってるホントの熱演という訳じゃなくて、
汗だくになってドジごしらえしている感じかなァ。
喬太郎さんみたいになりたい
噺家さんは多いのかもしれないですけど、
センスまではなかなか真似できないですよね。
柳家さん喬「心眼」
シットリした出だしのトークは相変わらず。
「なるべく寄席に出たい」というハナシから。
噺家を追っかけるのも良いけれど、
寄席にはたくさんの芸人が出るから、
それを楽しんでほしいなんて言っていたかな。
ただ(ぼくは)お客にとっては、そんなに
のどかな時代でもないと思うんです。
噺の方は「心眼」ですから
笑いらしい笑いもない、間がしっかりとってあって長いし、
いわゆる静かな熱演、という感じの1時間くらい。
ま、、、いいんですけど終わってすでに開演から2時間、、、
この会いったい何時に終わるの?という感じでした。
仲入り
柳家喬太郎「饅頭恐い」
仲入り後の喬太郎さんは古典をさらっと。
形態模写の面白さ、キャラの面白さ、演者の魅力、
とくに飯好きでおちゃめなところ、
なにより古典本来のもつばかばかしい世界、
喬太郎さんのいろんな魅力と落語の魅力がバランス良く、
リズムも良く楽しめる作品です。
「くず饅頭!ぷるぷる!」とか
何度聞いても好きなんだよなぁ。
柳家さん喬「唐茄子屋政談」
(会も)長くなりましたが、もう一つ最後に
おつきあいください、と長講宣言。
うぅぅ、ケツが痛かったです、、、

管理人の独り言
いろいろあって堕落していましたが心を入れ直しています。下書きした落語会の感想がすごくたまっていてクラクラしますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2017年12月18日~2017年12月24日)
  2. 落語チケット発売情報(2018年1月1日~2018年1月7日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(2018年1月1日~2018年1月7日…
  2. 落語チケット発売情報(2017年12月18日~2017年12…

アーカイブ

PAGE TOP