柳家喬太郎

下北沢演芸祭 SWAクリエイティブツアー

下北沢演芸祭 SWAクリエイティブツアー
2011年2月13日(日)会場:本多劇場
春風亭昇太「トーク」
今回のテーマはリニューアルということで、
一度演ったネタを再生させる試みとのことです。
自作のネタを書き直すのは難しいので、
それぞれのネタをリニューアルする
シャッフルにもなっているとのこと。
喬太郎さんは昇太さんの新作、
昇太さんは喬太郎さんに夢枕莫さんが書いた「鬼の背参り」を
白鳥さんは落語ファンクラブの企画でSWAで作った
(口演は喬太郎さん)三題噺、
彦いちさんは喬太郎さんの新作「八月下旬」、
というラインナップ。
柳家喬太郎「東海道の駱駝(らくだ)」
らくだに扮する表現がとにかくクダらないですね。
その辺を喬太郎さんらしいと言うこともできるし、
でもちょっと好きなのが、
好きな女が結婚するのに嫉妬はするけど
喜ばせようっていう優しさなんですよね。
喬太郎さんの落語って妙に女性に優しいですよね、
甘いんだよなぁ。そういうところ好きです。
春風亭昇太「鬼の背」
じつはあんまり集中して聞けなかったんです。
内容もよくわかってなくて、、、なにも言えません、、、
仲入り
三遊亭白鳥「灼熱雪国商店街」
とにかくクダらない白鳥さん。
ナンセンスもここまでくれば、
ほんとアリになっちゃうんですかね。
だって人気あるし。
なのでぼくは好きじゃないんですけど
久しぶりに聞いたらやっぱり笑っちゃっいました。
しょーもなって感じで、、、
少しだけ上手くなってる気がするのも謎でした。
怪人ですね。
クライマックス風のところでやたら長くなって
ほとんどキャーとかウワーってだけ言ってるの、
何とかならないんですかね(なんとかしなくて良いです 笑)
林家彦いち「二月下旬」
オリジナルが「八月」だったのを
卒業シーズンの「二月」に変えて、
ちょっとしたドラマも加えた、というリニューアル。
彦いちさんの子どものかわいらしさもあるし、
何というか「まっすぐさ」というと適切じゃないんだろうけど、
飾り気の少ない部分、
テレとか気持ちを下手な方法で隠そうとするけど、
結局そうできていないっていうような、
こちらがイジラシくなる感じが良いな、と思いました。
昇太・白鳥・喬太郎・彦いち「ご挨拶」
彦いちさんの高座が終わると、他のメンバーが
エンジに白のラインのユニフォームで登場、
同じ柄の着物と帯を彦いちさんに手渡します。
7月と11月に公演があるということ、
今年で第1期SWAが終わるということが発表されたのでした。
「もともと2、3年のつもりだったけど、
やりたいことが多すぎて8年もやっちゃった」とのことでした。
理由はわからないけど、
今やめるのってカッコイイかもしれないですねェ。
ブレンドストーリーとか試みとしてオモシロかったもんなぁ。
新しいものを創ったという自信はあるんでしょうね。

管理人の独り言
これは地震の前にポストする予定だったんですけど、1週間そのままでした。東京で生活している人にもいろいろなことが起きていますよね。落語会だけでなくいろいろイベントの中止も多いし、お店もすぐにしまっちゃって、妙な感じです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2017年10月30日~2017年11月5日)
  2. 落語チケット発売情報(2017年11月13日~2017年11月19日)
  3. 落語チケット発売情報(2017年10月23日~2017年10月29日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(2017年11月13日~2017年11…
  2. 落語チケット発売情報(2017年10月30日~2017年11…
  3. 落語チケット発売情報(2017年10月23日~2017年10…

アーカイブ

PAGE TOP