柳家三三

新宿末廣亭 正月二ノ席 昼の部

新宿末廣亭 正月二ノ席 昼の部
2008年1月14日(月・祝)会場:新宿末廣亭
三連休の最終日、池袋の昼の部はトリが小三治さん。
末廣亭の夜の部も小三治さんがトリ、という正月二ノ席。
(この日は小三治さんは休み、両方とも代演でしたが)
あまりの寒さと、祝日だし、立ち見だろうなァと
しり込みしてしまい、仲入り後から中に入りました。
しかし、すごい人です。
桟敷の後ろも後方も人でいっぱい、寄席は大人気でした。
三遊亭歌司「小言念仏」
どうせだから明るく楽しく、笑ってすごしましょう、
という楽しい枕で、ほがらかなムード。
噺のほうは、爆笑の「小言念仏」でした。
短いけれど、いい味だしている噺ですな。
入船亭扇橋「つる」
んもぉおじいさんだなァ。
大入りの末廣亭には、若いカップルも沢山いたんですが、
ずいぶんと笑っていたので、ちょっとおどろいた。
大瀬ゆめじ・うたじ「漫才」
お正月からウナギ食ったってネタかな、なんて、
ボンヤリ考えていたら、大間違い。
ステーキハウスでハンバーグを食べたんだと。
箸のウンチクで中手(拍手)も。
五街道雲助「子ほめ」
ガラが悪くても憎めない八五郎が楽しい。
前座噺も雲助さんで聞けるなんてなァ。
寄席っていいじゃん、と思いました。
柳家三三「権助提灯」
「寒くて出てこなかった」花緑さんの代演は、三三さん。
男のヤキモチ、浮気を見つけたダンナのハナシが枕。
そして、ヤキモチを焼かない女もいる、と「権助提灯」へ。
生意気で、ヤンチャな権助がハマっていて楽しいのでした。
三遊亭小円歌「俗曲」
いつもの楽屋ネタの枕で、お客をわかしつつ、
二上がり(「老松」)、本調子、三下がり、
と三味線のチューニング違えて1曲づつ演奏してくれる。
楽しい三味線漫談。
三遊亭円歌「中沢家の人々」
80歳近いとは思えない、シャキシャキした語り。
円歌さんの家・中沢家にやってきた6人の老人のハナシを
イキイキと。
老人(円歌さん)が老人の悪態ついてんだァと思ってたら、
「40年前から話している落語」とのこと。
噺が終わって、会場はわれんばかりの拍手。
大いに盛り上がりつつ、昼の部は終了しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2017年8月28日~2017年9月3日)
  2. 落語チケット発売情報(2017年9月4日~2017年9月10日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(2017年9月4日~2017年9月10…
  2. 落語チケット発売情報(2017年8月28日~2017年9月3…

アーカイブ

PAGE TOP