柳家さん喬

国立演芸場 五月中席

国立演芸場 五月中席
2008年5月18日(日)会場:国立演芸場

連休明けからの中席は、
「さん喬 10話日替で相務めます!!」と銘打たれた10日間。
「妾馬」「寝床」「中村仲蔵」「たちきり」「らくだ」などなど、
聞きたい噺も沢山あったんだけど、
18日の「柳田格之進」に出かけてきました。
といいつつ、仲入り後の落語から入場。
もう少し序盤の出番が豪華だったらなァ。
(この日は柳家紫文さんも休演だったし)
伊藤夢葉「奇術」
登場するなりムチを振りまわす伊藤夢葉さん。
かなりファンなので間に合うように行きたかったんだけど、
会場入りしたら、ちょうど出番が終わっちゃったところでした。
桂ひな太郎「代書屋」
この前の朝日名人会でチャンと聞けなかったので、
ちょっとうれしかった。
林家二楽「紙切り」
「三社祭」やらイロイロとにぎやかなリクエストがあって楽しげでした。
一度で良いからリクエストして切ってもらいたいな。
なかなか言い出せないし、席も遠いし。
いちど池袋演芸場あたりで挑戦してみたい。
柳家さん喬「柳田格之進」
登場するなり、ヤンヤの歓声。
「待ってました」「たっぷり」などのかけ声もたくさん。
凄い人気ですね。満席で立ち見も出ていました。
噺の方は正直者の武士の物語。
4月の三鷹の独演会でも聞いた噺です。
美しい世界に、とにかくウットリとしてしまいつつ、
この前聞いた時とは少しだけ印象が違うようにも思いました。
人物の描き方というかテーマに多少に揺れがあったのかな。
いや、何度か聞くうちに自分の中でアアダコウダと
勝手に分解して消化しているだけかも知れない。
大団円というか、美しいシメで噺は終わり。
帰り道は、ただ夢の続きを思うことになるのでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2017年10月23日~2017年10月29日)
  2. 落語チケット発売情報(2017年10月30日~2017年11月5日)
  3. 落語チケット発売情報(2017年11月13日~2017年11月19日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(2017年11月13日~2017年11…
  2. 落語チケット発売情報(2017年10月30日~2017年11…
  3. 落語チケット発売情報(2017年10月23日~2017年10…

アーカイブ

PAGE TOP