落語の雑談

落語会のスマートな遅刻方法

平日の落語会は19時開演が多いですよね。
なかには18時半開演という会もあって、仕事をしている人でなかなか間に合わないよ〜という方も多いと思います。

ぼくは比較的時間は自由にしやすいのですが、でもサラリーマンなのでどうやっても間に合わない時間に会議が入っていたりすることもあります。

憂鬱なんですよね。

バタバタするのも嫌だし、もちろん遅れた分を損するのも嫌です。なにより遅れて入ることで周りの人に迷惑をかけるんじゃないかっていうのがあります。

その時に出かける落語会によって、その遅刻の心構えも変わるかな、という不思議なことを思ったので書いてみます。

もう何年も落語会に通っている方にとっては、だよね〜という内容かなと思います。

寄席(定席)

ほぼ切れ目なく高座が続くので「遅れる」という感じはないですよね。
仲入り(いわゆる休憩時間)に入るのが良いかもですが、ほとんどの興行は自由席なので、いつ行っても空いている席に座ればいいので、気楽に行けると思います。

寄席(企画っぽい会)

寄席でも指定席の興行や、寄席っぽいけど浅草、上野(鈴本)、池袋、末廣亭(新宿)、国立演芸場ではない小屋の場合など、少し勝手が違うことがあります。

たとえば横浜にぎわい座とか、お江戸日本橋亭、上野広小路亭とかですかね。

にぎわい座は指定席が割り振られていますが、ロビーにモニターがあって音声も聞こえているので、切れ目のいいところまではロビーで聞いて終わりそうだなと思ったら入ることもあります。
ネタを聞いて「天災」だな、まだサゲまで少しあるから、売店のぞいてから入ろう、とかですね。通ぶってすみません。

あとは後ろの方の座席に空きがあったらとりあえず座るとかですかね。
で切れ目で自分の席に移動したりします。

日本橋亭とか広小路亭は、座布団が引かれているような会場なので、気にせず静かに後ろから見るという感じと思います。
寄席(定席)との違いは小屋が狭いので、可能な限り静かに入ることを心かけるくらいでしょうか。

ホール落語は切れ目で座る

くせ者はホール落語です。
会場の後ろのスペースで立ち見して切れ目で席に座る、がいいなと思います。

赤坂区民ホールとか、そういった小〜中規模の会場まではできる気がします。

とても大きい会場は勝手が違う

でもそうはいかない場合、会場の係りの人の案内のまま、座席まで誘導されるパターンが割とあります。この場合、(しばらくして入りますとか)断っても案内されてしまうので素直に従いつつ、なるべく静かに素早く席につくことを目指すしかないと思っています。

志の輔師匠や談春師匠とかに多いですが、高座だけが明るくなっていて客席のライトが落とされているような大きい会場にこれが多いです。

具体的には浅草公会堂、赤坂ACTシアターとか世田谷パブリックシアター、ブロッサム中央会館といった会場と思います。あと能楽堂とかですね。

もう「なるべく遅れない」が鉄則かなぁと思います。

遅れる場合は30分以内の遅刻を目指す

まず開口一番があるのか、ということがあって、前座が上がると分かっていれば10分〜15分は前座の持ち時間と考えて、そのあたりで到着を目指せます。

その後、枕の時間を考えると人によりますがさらに10分〜15分くらいは落語本編に入っていない可能性がある。つまり19時開演でも落語自体は19時20分〜30分くらいに始まるというのが多いですよね。

落語本編に入る前でしたら遅刻して来たお客に対しても、周りの客は寛容です。
(あくまで個人の見解です。)

1時間以上など、もっと遅れる場合

悲しいですが生きていれば、そういう時もあります。
不幸にも電車が遅れる時もありますよね。

仲入りのタイミングを読んで無理せずそこを目指す感じかなと思います。

たとえば19開演の会であれば、大抵の会場は21時くらいまでなので2時間の興行と考えると真ん中の20時くらいに仲入りが来ると思います。だいたいですけどね。

なのでそのあたりに到着できれば、まだ一、二席は聞ける!と諦めずに(半ば開き直りですが)会場に向かうのが良いと思います。

最大の敵は睡魔

僕だけかもしれないのですが、遅刻するような時は仕事が忙しかったり、移動に急いだりして妙な緊張状態のまま会場に入ることになります。

で、席について落ち着いてくるとほぼ必ず睡魔に襲われます。

遅れた上に寝てしまっては何のための落語会なのか、と辛い気持ちになるのですが、その時は諦めて寝てしまうのがほとんどです。悲しいですよね。

前の日の睡眠から考える時もありますし、仲入りで寝たり、できる限りの対抗策をしつつ、その時を迎える形です。

長年にわたる睡魔との戦いを経て、今のところの結論としては、たっぷり寝てしまった時は早めに辛いことは忘れて、よく寝て気持ちよかった!と爽快な気分に浸ることかなと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2017年12月18日~2017年12月24日)

ピックアップ

  1. 落語チケット発売情報(2017年12月18日~2017年12…

アーカイブ

PAGE TOP