落語日記

講談師、神田松之丞 新春連続読み「寛永宮本武蔵伝」完全通し公演2018 第一夜

2018年1月3日(水)会場:CBGKシブゲキ!!

イントロダクション
「寛永宮本武蔵伝」をイッキ聞きできる5日間の通し公演。
導入の映像やBGMなど新しいことをしよう、という感じで色々な趣向もありました。

神田、一龍斎、などそれぞれ演れる武術家の噺は決まっているというハナシや、「寛永宮本武蔵伝」についてなどなど、初めて聞くハナシばかりでワクワクします。

第一話「偽岸柳」
第二話「道場破り」
第三話「闇討ち」
剣戟のシーンもカッコよく、「狼退治」しか聞いていなかったからなんで武蔵が旅をしてるのかすら分かっていなかったので、なるほどという感じで、すごく楽しかったです。

二刀流ってそんなに強いならみんな二刀流で戦えばいいのに、とかマヌケなことを考えてしまいました。

仲入り

「小猿七之助」
予定されていた「武蔵伝」の尺が短いのでもう一席とのことでした。
「小猿七之助」といてば談志師匠がよく演られていた講談の一つで、松之丞さんも談志を通して知った噺なんだと思います。

ただ出囃子が「木賊狩り」だったのはちょっとやりすぎかなぁという気もしました(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2019年12月30日~2020年1月5日)
  2. 落語チケット発売情報(2020年4月20日~4月26日)
  3. 落語チケット発売情報(2020年5月25日~5月31日)
  4. 落語チケット発売情報(2020年2月17日~2月23日)
  5. 落語チケット発売情報(2020年4月6日~4月12日)

アーカイブ

PAGE TOP