立川談春

桃太郎三番勝負(ゲスト:立川談春)

昔昔亭桃太郎独演会〜桃太郎三番勝負〜(ゲスト:立川談春)
2008年7月24日(木)会場:博品館劇場
相変わらず遅刻したけど、ちょっと早めに到着。
聞けなかったのは、
開口一番:春風亭昇吉「たらちね」
昔昔亭桃太郎「春雨宿」
前に上がった昇吉さん(初の東大卒落語家)の話題。
落語の方はもうね。笑ったなんてモンじゃないです。
でも爆笑っていうよりは、ゾワゾワくる笑い。
しょーもな、という感じでとっても癒されますね。
アブないギャグも他愛がなくてカワイイし、良いと思います。
立川談春「紙入れ」
桃太郎さんと談春さんが並ぶと、
同じ落語家なのに、あまりの違いに驚きますね。
「紙入れ」は相変わらずお上さんがイヤラシさ全開。
逆に新吉と亭主のマヌケさが際だっていて笑えます。
仲入り
対談:昔昔亭桃太郎、立川談春
ツッコミの冴える談春さん。
相手をオイシくしていく「ツッコミ力」の高さをいかんなく発揮。
これ久々に見ましたねェ。強敵相手でも難なく、という形です。
あとは歌舞伎座のハナシ。
歌舞伎座は演りやすいとか、噺家が歌舞伎役者となれ合うのは、、、
(大銀座の「勧進帳」のハナシですね)なんてイロイロ楽しいトーク。
昔昔亭桃太郎「死神」
出てくるなり「あの対談は小三治じゃできない」だって(笑)
落語の方は相変わらずの反則技というか変化球というか「不思議球」を連発。
(たぶん)良い意味で、どの噺も同じなんですよね。
下らなすぎるギャグと、妙に外れた間。
ヘンなんだけど本人は自信満々だったり、
脱力系というか、肩の力を抜いて楽しめます。
そんな一生懸命きいてもね。落語なんだし。
なんて、自分で自分に言わなきゃいけないかな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(7月22日~7月28日)
  2. 落語チケット発売情報(7月15日~7月21日)

アーカイブ

PAGE TOP