立川談春

立川談春35周年記念独演会 『阿吽』(あうん)-平成から令和へ-(2日目)

2019年12月18日(水)会場:昭和女子大 人見記念講堂

「明烏」
不良の源兵衛と太助がカッコイイ談春師匠の「明烏」。
気のせいかわからないけど間がたっぷりだった気がする。
好きな噺が聞けてうれしかったです。

仲入り

「芝浜」
勝五郎が河岸(かし)に出かける間、勝五郎のシーンではなく、長屋で待つ女房が勝五郎を心配している様子を語る。
冒頭から変わっていて、談春師匠が今も「芝浜」に取り組んでいるのが伝わってきた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2020年1月13日~1月19日)
  2. 落語チケット発売情報(2019年12月30日~2020年1月5日)
  3. 落語チケット発売情報(2020年1月6日~1月12日)

アーカイブ

PAGE TOP