立川志の輔

志の輔らくご21世紀は21日 (2007年7月)

志の輔らくご21世紀は21日 (2007年7月)
2007年7月21日(土)会場:明治安田生命ホール

土曜の夜は志の輔らくごであります。
これは贅沢な週末だァと、
「朝日名人会」の有楽町から、中央線で新宿へ。
で、すごく早く会場についてしまい、
ロビーやら席でボケーっとすごす。
立川志の輔「ちりとてちん」
またもや前座なしで、いきなり登場。
ビックリしました。
楽屋にいると腰が痛くてつらい、
高座にいれば痛みを忘れられるから、
とのこと。
花緑さん出演の「宝塚BOYS」を
故郷の富山で見たときの話などから「ちりとてちん」へ。
立川志の輔「時そば」
大銀座落語祭のために覚えた英語落語を日本語にした、
とのことで、おおもとは上方の「時うどん」。
半分くらいは英語落語バージョンも演ってくれた。
必死に聞こうとしている雰囲気が会場全体から、
漂っていて、この会にしては珍しく緊張感のあった瞬間。
なんて大げさか。
にしても、弟分が登場する「時そば」って初めて聞いたな。
志の輔さんの演る子どものかわいらしさが全開で、
ばつぐんに面白かった。
松元ヒロ「今日のニュース」
爆笑の「ノムヒョン大統領」(飲んでヒョンと飛ぶ)
「禁物」「近海」などの「キン」シリーズ(股間を使う)、
顔まねで「ハニカミ王子」などなど、
相変わらずのトバしっぷり。
立川志の輔「唐茄子屋」
三席目はミッチリと語る人情噺。
この噺はじめて聞きました。
志の輔さんの話では、
家族のように描かれる長屋。
仲が良くて、ケンカしながらも、
ワイワイやっているような雰囲気、
夏の暑さ、土の匂いまで、
その場にいるように感じる。
まぁ聞く側の思うこと、考えることなんて、
勝手なもんです。勝手にどんどん想像する。
物語の方はというと
「人情八百屋」のようでもあるけれども、
そこに徳三郎の再生の話が加わって、
ハッピーエンドな感じに。
本当に長くて、充実の会でした。
この日は落語初体験、同僚カイさんを誘ったんですが、
終わって一言「ホント良くしゃべりますよねェ」だって。
こちらは年じゅう聞いているから、
普通になってしまっていたんだけれど、
志の輔さんの場合、
並みの噺家よりもしゃべるんだからなァ。
おまけに「初めて」が三席だったから、
ちょっとビックリだったろう。

●ネットで見つけたお客さんたち
大文字彦左衛門の趣味の「演芸」さん
こむらがへり日記さん
RA-KU-GOさん
茜の とぉんと来ましたさん
牧野容子の「ライターな日々」さん
いつかメモさん
金銭出納帳さん

おつかれさまです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2020年1月13日~1月19日)
  2. 落語チケット発売情報(2019年12月30日~2020年1月5日)
  3. 落語チケット発売情報(2020年4月6日~4月12日)
  4. 落語チケット発売情報(2020年2月17日~2月23日)
  5. 落語チケット発売情報(2020年5月25日~5月31日)

アーカイブ

PAGE TOP