立川志の輔

志の輔らくご21世紀は21日 (2007年10月)

志の輔らくご21世紀は21日 (2007年10月)
2007年10月21日(日)会場:明治安田生命ホール

昼14時からの公演。
さわやかな陽気の日曜です。
立川志の輔「そば清」
開口一番なくて、志の輔さんの登場。
枕は赤福。
多くの食品メーカーが商品を、
たくさん売るために消費期限を短く設定したのが、
自分(メーカー)の首をしめたのだ、
というガッテンな話。
このあと白骨温泉を舞台にした新作を
さわりだけ演るというギャグがあって、
お客は大喜び。
で、「そば清」スタート。
負けず嫌いな江戸っ子が
意地の張り合いをするんだけど、
サゲはちょっとおとぎ話みたい。
「あーぁ」みたいな脱力した感じが
落語って感じでいいですな。
松元ヒロ「今日のニュース」
まァー非常に楽しい。
ヒロさんのこのネタは初めての
母親が「あの人バカねぇ」と
最大級の褒め言葉で、よろこんでいました。
立川志の輔「宿屋の仇討」
松茸と旅の枕から、旅の噺へ。
どうやら、この噺は、志の輔さんが
初めて覚えたトリネタなんだそう。
志の輔版「宿屋の仇討」って、
江戸っ子がとってもかわいいんです。
修学旅行で騒いでる生徒が先生に怒られるんだけど、
ぜんぜん懲りないで、またすぐ騒いじゃうみたいな。
なんとなく、ちょっと懐かしい感覚。
古典なのに、経験あるなァ、
わかるなァっていうのが不思議。
日が高いうちに終わるよう、
コンパクトにまとめました、とのことで、
会場の外は気持ちの良い秋晴れ。
すがすがしい心持ちでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2020年4月6日~4月12日)
  2. 落語チケット発売情報(2020年1月6日~1月12日)
  3. 落語チケット発売情報(2020年1月13日~1月19日)
  4. 落語チケット発売情報(2019年12月30日~2020年1月5日)
  5. 落語チケット発売情報(2020年2月17日~2月23日)

アーカイブ

PAGE TOP