立川志らく

立川志らく独演会(夜の部)

2011年6月26日(日)会場:三鷹芸術文化会館 星のホール

立川志ら乃「おしの釣り」

立川志らく「松竹梅」
楽屋に椎名林檎が来た客席が豪華になっていく、
なんてハナシから。

縁起がいいと言う理由だけで婚礼に呼ばれた男たちが
縁起の悪い余興をして大騒ぎになる、という噺です。
松さんの「ジョジョジョジョ」につい吹き出してしまいました。

ここで登場するご隠居がいわゆる「やかんの隠居」なので、
余興は失敗に終わるだけじゃなくて、
場違いなライスシャワーも飛び出すアビキョウカン、楽しい噺です。

立川志らく「湯屋番」
ほんとうは「不動坊」を演る予定だったけれど、
マクラを話しているうちにつながらなくなって
「湯屋番」になっってしまったとのことでした。

仲入り

立川志らく「妾馬」
身分制度の噺から「妾馬」へ。
話の途中で「この噺にはほとんど語られないオチがあるので、
今日は特別にそこまで語りますね」と言って、
出世後の八五郎も語られたのでした。

数々の無礼すぎる振る舞いと言動が生き生きとした
江戸っ子(デフォルメされているんでしょうけれども)が
感じられる楽しい高座でした。

管理人の独り言

志らく師匠の「落語進化論」読んでます。まだ全部読み終わってないんですけど、前作「全身落語家読本(とくほん)」のような刺激的な表現はないんでハラハラしないで読めます。
タイトル通りの「落語論」の部分もあるし、志らく師匠のドキュメンタリーのようでもあるし、進化する落語家宣言みたいな部分もあるのかなぁなんて思いながら読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2019年12月30日~2020年1月5日)
  2. 落語チケット発売情報(2020年1月6日~1月12日)
  3. 落語チケット発売情報(2020年4月6日~4月12日)
  4. 落語チケット発売情報(2020年1月13日~1月19日)
  5. 落語チケット発売情報(2020年2月17日~2月23日)

アーカイブ

PAGE TOP