立川志らく

みなと毎月落語会 志らく・喬太郎二人会

2011年11月22日(火)会場:赤坂区民センター

完売の公演です。でもなんか若干の空席もありましたね。
前回見た時はマニアなお客さんがギッシリで
ピリピリした客席だったようにおもいますけども、
今回はもうすこしのんびりしたムードという印象でした。

みなと毎月落語会シリーズだからというのも
あるかもしれないですね。

立川らく兵「まぬけ泥」
開口一番は、二ツ目の昇進試験が迫っているらく兵さん。
ナンセンスなギャグも徐々に板についてきて、
おもしろくなってきてるんですよね。
ぼくは応援してます。

立川志らく「疝気の虫」
一席目から十八番でした。

ハイテンションSF落語なのですが、
もちろん古典としてのこだわりの部分があって
「志ん生を感じる部分があった」と
家元(談志)がコメントした噺です。

もちろん、お客さんは大爆笑。
カロリーの高い高座でしたね。

笑いの多いネタのチョイスは喬太郎さんを意識して、、、
なんて考えるのは落語ファンの悪いくせですかね、、、(笑

柳家喬太郎「任侠動物園」
「ピリピリしたムードの二人会なんて嫌い!」なんて、
ハッキリいっていて笑わせます。

ウルトラマンの枕を振りながら、
新作に突入したわけですが、
「なんでこのネタなのかというと、
こうでもしないと『疝気の虫』に
太刀打ちできない」なんて言って笑いを取ります。

しかしくだらないハナシだなーとおもって聞いていたら、
三遊亭白鳥さんの作なんですね。
白鳥師匠、喬太郎師匠のナンセンスな部分が
かけ合わさったのか、
わけわからないけど笑える作品になってましたね。

感心するくらいくだらないです。

仲入り

柳家喬太郎「饅頭怖い」
仲入り後は古典です。
喬太郎さんのネタでは定番の方ですよね。
テンポよくおもしろいです。
くず饅頭(プルップル)とか、セキネの中華まん
(肉汁たっぷり)とか、くだらないギャグも
何度聞いてもおもしろいです。

立川志らく「鼠穴」
このところ東京以外での高座などで
回数の多かった「鼠穴」です。

悲惨なことが次々起こる火事以降の場面。
壮絶にドラマチックに、とすることで
「夢だった」感も強くなるし、
噺自体の魅力も増える、というのが
今の師匠のお考えでしょうか。

この兄は、弟は、ということについては、
一時期ぼくはいろいろ考えようとしたんですが
(考える必要もないけど)もう分からないんですよね。

管理人の独り言

映画「けいおん!」すごくいいみたいですね。なんか泣きながら劇場を後にする人が多数なんだとか、、、手ぬぐい用意していくしかないですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2020年5月25日~5月31日)
  2. 落語チケット発売情報(2020年4月20日~4月26日)
  3. 落語チケット発売情報(2020年1月6日~1月12日)
  4. 落語チケット発売情報(2020年1月13日~1月19日)
  5. 落語チケット発売情報(2020年4月6日~4月12日)

アーカイブ

PAGE TOP