立川志らく

立川志らく独演会-昭和の三大名人に挑戦-

立川志らく独演会-昭和の三大名人に挑戦-
2007年3月9日(金)会場:銀座ブロッサム中央会館
昨年も同じ時期に開催された
ブロッサム中央会館での独演会。
キャパ900人の大きな会場です。
とにかく本日の独演会、素晴らしかったです。
あまりのことに、しばらく頭がヘンになったほど。
「昭和の三大名人に挑戦」と企画された今回の独演会。
「三大名人」とは、
桂文楽、古今亭志ん生、三遊亭円生。
それぞれの名人が得意とした
「心眼」「お直し」「双蝶々(ふたつちょうちょう)」
が今回の演目です。
開口一番:立川志ら乃「反対車」
到着すると出囃子の音が。
遅れて「マズい」と思って、
あわてて席に着こうとすると、
席が前だったせいもあって、
「大丈夫ですか、席間違えてないですか」
とイジられてしまった。
笑いが起きていたので、安心したけど、
仕込みか、私は。
志らく師匠の登場。
「弟子(志ら乃さん)を見て、
昔の自分を見ているようです」と一言。
そういえば、去年のブロッサムでの開口一番は、
柳家一琴さんの「初天神」でした。
高座に上がった志らく師匠は、
「まだ私の弟子にはこの(大きな)
会場の開口一番はつとめられない」
と言っていたのを思い出した。
立川志らく「心眼」
そういえば、べつに珍しいことではないけれど、
三席ともに夫婦が登場する。
「心眼」は盲人の按摩(あんま)と、その女房。
この女房が落語的な、男からみた「良い女房」なので、
按摩の愚かしさが心むなしく感じる。
立川志らく「お直し」
絶望も再生も無関係に、常によろしくやっている、
仲の良い夫婦の噺。
「傾城に誠なしとは誰が言うた」ではないが、
廓の噺だからといって「虚構の中の云々」と
語るのは、私はナンセンスだと思っている。
この噺のサゲは「生きていること全部が虚構なんだ」
というギャグではないだろうか。
立川志らく「双蝶々(ふたつちょうちょう)」
年老いて患った八百屋の長兵衛が、女房のお光に
「見捨てられてしまったと不安になるから、
お百度参りはやめてくれ」と懇願するシーン。
物乞いをするお光と再開した長吉が
「親父を取られた気がして、嫉妬していた、
今では申し訳無いと思っている」と打ち明ける、
継母との融解から、父子の再会。
たがいの思いがぶつかり合うようにドラマが
作り上げられていく様は圧巻だった。
落語に限らず、
こんなにスカっと爽快な感動というのは
味わったことがない。
爽快っていうのは、もう理屈抜きってことですね。
すっかり興奮して新富町から、築地まで歩き、
寿司を食いました。
「双蝶々」で子供時代の長吉が
こはだの寿司を食いたがっているのを聞いて、
食いたくなってしまったのです(ばかみたい)。
帰り道、彼女(志の輔さん、談春さん贔屓である)に
「きょうは凄かった、ぶっ飛んだ」
「もう談春の『立ちきり』なんて、どうでもイイ」
とか勢いでメールしてしまったけど、
「どうでもイイ」は言い過ぎた気もして、
「やっぱウソ」とか、
意味不明な連絡をしてしまいました。
そういえば、、、
おなじ落語会に良くいかれている方の
ブログをよく拝見していますが、
僕も同じ場にいたという、なんかそういうのを、
なんとなく、ぼんやりとですが、
共有したいようなココロモチで
トラックバックなんかをさせていただくことがあります。
でも、それでは一方通行というか
ぶしつけな気もしたので、
「見ましたよーリンク(仮題)」というのを
おいてみる事にしました。

●見ましたよーリンク(仮題)-順不同です-
いくっちの多忙な日常?!さん
Izumiのおまけさん
「。はにかむ」さん
粗忽OL日記さん
茜の とぉんと来ましたさん
落語の噺とネコの話さん
No Rakugo No Life しょの2 ~落語三昧~さん

みなさん、いつもおつかれさまです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2019年12月30日~2020年1月5日)
  2. 落語チケット発売情報(2020年1月6日~1月12日)
  3. 落語チケット発売情報(2020年4月6日~4月12日)
  4. 落語チケット発売情報(2020年1月13日~1月19日)
  5. 落語チケット発売情報(2020年2月17日~2月23日)

アーカイブ

PAGE TOP