立川志らく

赤坂名人会 特別番外編「家元談志の十八番に挑戦」

みなと毎月落語会〜赤坂名人会 特別番外編「家元談志の十八番に挑戦」〜
2009年9月28日(火)会場:赤坂区民センター
もともとは「立川談志落語会」として、
家元(談志)と市馬さん、志らく師匠が
出演する落語会でしたが、家元の年内休業を受けての
プログラム変更となりました。
というわけで、花緑さん、談笑さんを加えて、
四人がそれぞれ「家元の十八番に挑む」という企画です。
なんだか仰々しい気もしますな。
開口一番:立川らく兵「洒落小町」
なんと志らく師匠の十八番をもってきた、らく兵さん。
師匠方が家元に挑むのならば、と
志らく師匠の十八番を演ったんですかね、
なんかかわいいじゃないですか。
で、出来の方は、というと、すごく楽しかったんですよね。
突然、楠トシエの「サンマ・サンバ」を唄い出したり、
オリジナルの妙なダジャレに、家元の物真似で
「志らくのヤツァ落語を舐めてる」なんて言って、
舞台袖にいる師匠にビビったり。
おまけにギャーギャー騒ぐガチャ松っつぁんに、
「うるさいねぇ、前座のクセに良く喋るね、この人は」だって。
あ〜面白かった。
立川志らく「二人旅」
本当は家元の完コピの「やかん」を
演ろうと思ったんだけど、覚える時間がなかったので、
これは家元追悼の落語会で披露します、とのこと。
ほかにも完コピシリーズは「源平盛衰記」に
「芝浜」(「百八つ」)などなど、
いつかは演りたい、とのことでしたが、
「談春兄さんだったら、毎回追悼してる」なんてギャグも。
この噺については、
いわゆる「引き」の笑いが中心。
志らく師匠ご自身は難しいという印象を
持たれているようですが、
たしかにいつもの志らく師匠の高座のように
ドカンドカンという笑いはなかったけど、
随所にうれしいギャグが入っていて楽しいんですよね。
立川談笑「粗忽長屋」
談笑さんも「別に十八番に挑みたくない」とのこと。
ですよねェ。さらに特に打ち合わせも段取りもないらしく、
実は「二人旅」を演ろうと思ってた、とか。
という訳でオリジナルのサゲがある「粗忽長屋」を披露。
仲入り
柳亭市馬「お化け長屋」
ここで花緑さんが有楽町での仕事があって、
まだ到着してない、という発表が。
着くまでつながないといけない、っていうハナシから、
家元が寄席に出ていた頃、いつ来るのか分からなくて
先代の正楽師匠が延々とつないでいて、けっきょく家元から
「行かねぇ」の電話が、なんてこともあったとか。
それを聞いた池袋演芸場の客席がドっとわいた、
なんてうれしそうに語る市馬さん。
で、噺の方は「お化け長屋」へ。
まるでドリフみたいなドタバタというか、
いわゆる喜劇スターのような市馬さんの面白さが
落語にあふれ出ているようで、おもしろいのなんの。
もうね、たまらないです。
柳家花緑「二階ぞめき」
で、到着した花緑さん。
やっぱり「家元の十八番にも挑みたくないし、
さらに言うとトリも嫌なんです」とはもっともな意見。
あとは、
気づけば、今日のネタも柳家のネタ、
(先代)小さんのネタですよね、と「だよなァ」という一言。
しかたなく破門はしても「腹では繋がっていた」のが
小さんと談志、なのだとか。
そして、吉原についてのモロモロを語り出す花緑さん。
「どのネタだろう」と落語ファンの脳みそは
高速回転したんじゃないでしょうかね。
しばらくして「あ、『二階ぞめき』か、こりゃぁ良いね」と
ニコニコしてしまいました。
真っ直ぐさと変態っぽさが際立っている、この噺の若旦那。
なんか花緑さんご自身の姿と少し重なるような、、、
そんな高座だったかも知れません。
そんな訳で少し大仰な気もする企画の会でしたが、
なんとも楽しかったのでした。

管理人の独り言
まだまだ発展途上の「らくごのパッチ」mixiアプリがけっこうな人数の方に利用開始いただいて、ちょっとビビってます。まだまだ使いにくいのでガッカリされちゃうと悲しいなァ、と。
なんというか本格的に良い感じになるのは、もうちょっと先なのです。またご連絡します。
(今日のBGM:Boy In Static「Candy Cigarette」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2019年12月30日~2020年1月5日)
  2. 落語チケット発売情報(2020年4月20日~4月26日)
  3. 落語チケット発売情報(2020年4月6日~4月12日)
  4. 落語チケット発売情報(2020年5月25日~5月31日)
  5. 落語チケット発売情報(2020年1月6日~1月12日)

アーカイブ

PAGE TOP