立川談春

我らの高田“笑”学校「立川流 VS SWA」

我らの高田“笑”学校-しょの二十八-
落語篇「立川流 VS SWA」
2007年5月30日(水) 会場:紀伊國屋サザンシアター

とっても楽しみにしていた会。
プラチナチケットと噂されていたのですが、
珍しく運が良くて、
ぴあのプレリザーブで当選したのでした。
(滅多にないけどね)
といいつつ、仕事でばたばたして遅れる。
新宿駅から 意外と遠い サザンシアター、
気がつけば、ちょっと代々木なんだもの。
雨の中を小走りに進み、
立川志ららさんの前説が終わったところで席に。
三遊亭白鳥「双蝶々 長吉とメルヘンの森」
SWA先鋒は「円朝直系」の白鳥さん。
今日は「古典『双蝶々』を演ります」といって、
その後はいつもの悪ふざけ。
クライマックスは裏声でワーキャーして、
ドタンバタン。全部いっしょなのでは。。。
といいつつ、ぼくの場合、彼の高座は最初から、
チケット代に入れていないので、特に腹も立ちません。
これは我ながら良い考えだ(好きな人ごめんなさい)。
立川志らく「親子酒」
毎回、酔っぱらった親父が
危険な独り言をいうんですが、この日は増量されていた。
酔っぱらって楽しそうに
狂っていく姿がなんとも好きだ。
仲入り
林家彦いち「かけ声指南」
出てくるなり、白鳥さんの苦情を言う。
はたで聞いていれば楽しいけれど、変人だな。
愛される変人、白鳥伝。
それはともかく、
僕のなかで、彦いちさんの株は、
かなり上がってきている。
なんかホっとするんですよね。
立川談春「鹿政談」
きょうは妙に堂々としている談春さん。
変に恐縮しないで、
これくらい偉そうにしている方が、
顔に似合っていて良いだろう。
落語の方は、そのよどみない語りに、
客席は皆うっとりという感じだろうか。
高田文夫・高座一同「判定座談会」
にぎやかな「立川流 VS SWA」勝敗の判定会。
といいつつ、話題は白鳥さんの変態エピソードと、
立川ボーイズによる公開の痴話ゲンカといった内容。
とにかく高田文夫さんが抜群に面白かった。
白鳥さんの「オレの女性ファンが減るじゃないか」
という嘆きは、変態にあるまじき言葉だとおもったな。
ひどいよ。
そして「立川流 VS SWA」気になる勝敗は、、、(笑)
「落語編」の見事なサゲだったなぁ。
馬鹿馬鹿しくて本当に最高でした。

●ネットで見つけた、プレミアチケットとかいっても、ちゃんと見ている人たち-順不同です-
時流を聴くさん
咲くやこの花 in Tokyoさん
百色眼鏡さん
明日は明日の風が吹くさん
団子屋お花さん
まあ、しょの28さん
ゴリラッコWEBさん
東京日和見さん
いくっちの多忙な日常?!さん
Izumiのおまけ+さん
raku5の日記さん
ろくでなしの記録さん

いつも、おつかれさまです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(2020年1月13日~1月19日)
  2. 落語チケット発売情報(2020年4月6日~4月12日)
  3. 落語チケット発売情報(2020年2月17日~2月23日)
  4. 落語チケット発売情報(2019年12月30日~2020年1月5日)
  5. 落語チケット発売情報(2020年1月6日~1月12日)

アーカイブ

PAGE TOP