柳派

市馬落語集

2019年5月2日(木)会場:国立劇場小劇場

柳亭市馬「かぼちゃ屋」
590席の国立劇場小劇場での独演会です。
ひさびさに市馬師匠の落語がきけると楽しみにしていたら、開口一番からすごくいいものが聞けました。
「道灌」とか「子ほめ」もそうなんですけど、市馬師匠の前座噺っておもしろいんですよね。

柳亭市弥「寝床」
開口一番に師匠が上がって自分は何をしたら、なんて言いながらも、堂々とした講座でした。

仲入り

柳亭市馬「淀五郎」
今日は何やるかな、なんて予想しながら会場に向かうあたりからが演芸ファンの楽しみは始まっているわけで、芝居小屋で芝居話という定番を外さないのがいいです。

とくに芝居のシーンかっこいいんですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(7月15日~7月21日)
  2. 落語チケット発売情報(7月22日~7月28日)

アーカイブ

PAGE TOP