柳家喬太郎

寒空はだかカラフルロスタイムショーvol.3

寒空はだかカラフルロスタイムショーvol.3
2007年3月10日(土)会場:六本木Super Deluxe
ざぶとん亭風流企画さんのイベント。
ゲストは、ポカスカジャンと柳家喬太郎。
「これは楽しそうだ」と思って、
迷わず出かけました。
会場の雰囲気がなんと言うか、
普通の演芸のイベントにはない熱気。
土曜の夜、六本木というだけで、
これだけ元気な演芸ファンが
フィルタリングされて集まるのか、
というのは偏見かなぁ。
寒空はだか「歌うスタンダップコミック」
はだかさんのトーク&歌、
客のテンションも高くドカンドカンうける。
おもしろいもんね。
柳家喬太郎「ハワイの雪」
しっとりとして、ホロリとする新作。
この噺は90分くらいの長さの映画の、
しかもシッカリと楽しめるような、
プロットで出来ている。
新潟の山奥に住む爺さんが、
ハワイに住む幼馴染の
婆さんに再会するため、
賞品がハワイ旅行の腕相撲大会で、
いろいろあって優勝。
ハワイで再開し、そして別れる。
おしまい。
と、これだけ書いてしまえば、
シンプルこの上ないのだけれど、
みごとなエンタテインメント作品に
仕上がっているのです。
喬太郎さんの表現力は素晴らしい。
喬太郎さんといえば、
「大江戸ホテトル小唄」の
「教えてください、お客さん、男と女のウラオモテ」って
フレーズ好きなんですよね。
下品だけど夢があると思います。
つづいて、ポカスカジャン。
はじめてライブでみたけど楽しい。
尾崎豊のネタ、あれはなんだったんだろう。
メチャメチャ笑った。
ラストは出演者全員で
「ディック・ミネのダイナ」
春風亭昇太さんも登場、
独身ネタで会場をわかせる。
終演後、真夜中の六本木に放り出される。
寿司ざんまいの六本木店へ。昨日は築地店だった。
それほど旨くないんだけどね。
サバのシメ方がイマイチじゃないだろうか。

●ネットで見つけた(どうやら年中)同じ空間にいる人たち-順不同です-
いくっちの多忙な日常?!さん
「。はにかむ」さん
茜の とぉんと来ましたさん

みなさん、おつかれさまです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 落語チケット発売情報(8月12日~8月18日)
  2. 落語チケット発売情報(7月22日~7月28日)
  3. 落語チケット発売情報(8月26日~9月1日)
  4. 落語チケット発売情報(7月29日~8月4日)
  5. 落語チケット発売情報(8月19日~8月25日)

アーカイブ

PAGE TOP